こんにちは!
かんてい局盛岡店です。
本日はクロエの代名詞でもある
「パディントン」のご紹介です!

クロエの歴史

クロエは1952年創業されたフランスのブランド。
創業者のギャビー・アギョンはエジプトの
アレキサンドリアで裕福な家庭に生まれ、
フランス式の教育を受けて育ちます。
母親は自宅にお針子を呼び、パリの最先端の
服を作らせていました。
こうした環境で育ったため、ギャビー・アギョンは
パリのエレガンスを身をもっていたのです。
殆どのラグジュアリーブランドは創業者の名前を
ブランド名に冠していますが、クロエは
ギャビー・アギョンの名前が全く入っていません。
これはロンゴス作の恋愛小説ダフニスとクロエ」
を元にしたバレエ音楽が由来になっており、
主人公のクロエの美しいダンスのイメージが
ブランドのイメージとマッチしたのです。

無名のデザイナー「フィービー・フィロ」

クロエは数々の有名デザイナーを起用することで
躍進をとげます。
1965年にクリエイティブ・ディレクターに就任した
「モード界の帝王」と呼ばれるカール・ラガーフェルド。
ビートルズのポール・マッカートニーの娘である
ステラ・マッカートニー。
そして「パディントン」の生みの親である
フィービー・フィロ。
フィービー・フィロのクロエへの入社は、
クロエの親会社リシュモンからスカウトされた
ステラ・マッカートニーが、友人である
フィービー・フィロも一緒に入らせてほしいと
頼んだことがきっかけです。
この一言が彼女の人生を大きく変えます。
ステラ・マッカートニーのアシスタントとして
働きながらもその華やかなセンスと女性の心を
掴むデザインは今までのクロエの雰囲気を変え、
一気に若者の心を掴んでいきます。
ステラ・マッカートニーが自身のブランド立ち上げ
のためにクロエを退職。
後任としてフィービー・フィロが
クリエイティブ・ディレクターに抜擢されました。
そしてフィービー・フィロは新作のバッグ
「パディントン」を発表。
エレガントな女性らしさを残しつつも
愛らしいデザインで瞬く間に人気になります。
素材は柔らかく手触りの良い山羊の革や
上質なカーフを使用。
新色が発売するとショップに長蛇の列が出来、
売り切れが続出するほどでした。
パディントンの大ヒットなどを受け、
なんとフィービー・フィロ就任後は
クロエの売上が5倍にまで上昇したそうです。

2005年に発売されたパディントンは現在では
廃盤となっていますが未だにファンが多く、
人気の高いお品物です。
使うほどに柔らかく馴染んでいく
パディントンのバッグは今見ても色あせない
魅力がありますね。

クロエ「パディントン」
ぜひ店頭でご覧になってみてください!

皆様のご来店お待ちしております☆彡

 

セール情報やお得なクーポン配信中!!
LINE@お友達登録はコチラから☆
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

質屋かんてい局 盛岡店
【郵便番号】〒020-0866
【住所】岩手県盛岡市本宮六丁目32番30号
【電話】019-601-3171
【駐車場】有り
【営業時間】10:00~19:00
【楽天市場URL】https://www.rakuten.co.jp/kanteikyoku-moriokaten/